All posts tagged: 図録

『支那名畫選集』2018/03/09

昭和2年に発行された中国画の図録ですが この中に収められている作品の多くは英国のピンヨン氏の 蒐集品とあるのでかなり当時でも珍しい物だったと思われます 人物画 12葉、花鳥画 20葉、山水画 17葉が 37.5㎝×28㎝の和綴じ本に載っています 和紙の風合いも良く鑑賞に適した一冊です 『支那名畫選集』支那畫研究会 昭和2年

『中国古代 瓦文字の面白さ』2018/02/27

中国の瓦当の拓本の展覧会図録です。 建物をまっすぐ見ると一番先端についている丸い瓦が瓦当ですが どれもデザイン性が高くユニークなものが多いのが特徴です。 この図録には瓦当の歴史、製造法、分布の説明もあり 瓦当初心者にも楽しめます。 『中国古代瓦文字の面白さ』近年出土秦漢瓦当文拓本を中心に 春日井市道風記念館 平成22年  

『中国の工芸』出光美術館蔵品図録 2018/02/05

主に殷・西周時代の青銅器から古玉、金銅仏など貴重な中国の工芸品の数々が 出光美術館には収められています 運が良ければ出光美術館で本物を見ることもできますが 残念ながら年内の展示スケジュールに青銅器はないので しばらくはこの本で鑑賞しておきます そのかわり、 今年は2018年4月21日(土)~6月10日(日)宋磁―神秘のやきもの展が 開催されるようで …

『定静堂蔵中国明清書画図録』2018/02/01

林宗毅志の個人コレクションである定静堂蔵の中国明清書画を集めた図録 自序にもありますが北宋畫をはじめ掲載されていない物も多くその点は残念ですが 全体的には小ぶりながら良品が多く明清絵画を見渡すのにちょうどいいサイズ感です 巻末に作家小傳として作家の解説もついています

『THE 筆』木村陽山コレクション2018/01/10

貴重な筆の蒐集をした書家・木村陽山のコレクションから 選りすぐりの名品を集め広島県熊野筆の里で展示会を行った時の図録 細工の美しい筆だけでなく、著名な作家や画家、書家などの 筆も掲載されていて、筆の良し悪しも気になりましが 有名人の書き癖も気になりました。 そのほかにも日本ならではの面白い木や草で作られた筆もあって どんな人でも筆文字にチャレンジし …