All posts tagged: 書道

『張裕釗・宮島詠士師弟書法展覧圖録』2018/09/20

明治から昭和にかけての書家、中国語教育家であった宮島詠士と その師である中国人の書家、張裕釗の書法展 詠士は中国の修行中に『張猛龍碑』を7年間学んだといわれる 紙面の緊張感と線の美しさは楷書作品でより顕著にみられる 『張裕釗・宮島詠士師弟書法展覧圖録』1984年

『新選応用書翰』巌谷一六 2018/09/03

明治三筆の一人、巌谷一六の書いた書翰用のお手本 細かな日常の状況の応じた詳しい手紙文がたくさん掲載されていて 書道の手本としてだけでなく明治の生活がわかる資料としても 面白く読むことができます 『新選応用書翰』依田学海編 巌谷一六書 博文館蔵版 明治34年再版

『鳥蟲篆大鑑』東京堂出版 2018/08/07

平成元年に丸山樂雲により編集され発行された鳥蟲篆の字書 秦漢代の瓦当から現代日本の作品まで278ページにわたり 作品を掲載し、そのあとに鳥蟲篆文編という字書にしている。 くねくねとした摩訶不思議な文字の羅列に興味が尽きない。 平成元年 鳥蟲篆大鑑 東京堂出版 丸山樂雲編